シドニーをはじめ、世界遺産ブルーマウンテンやオペラハウスニューサウスウェールズの情報を現地から発信!シドニーの観光スポット紹介します!

公園・緑

ブルーマウンテン  Greater Blue Mountains Area3294view

オーストラリア大陸東側を南北に走るグレート・ディバイディング山脈の1部、1436平方キロに渡って広がる地域がブルーマウンテンズ。  元々は違う名前で呼ばれていましたが、一帯が青く霞んで見えることから"ブルーマウンテンズ"と呼ばれるようになりました。  名前の所以の青い霞みは、あたり一帯に茂るユーカリの木々から霧状に発散されるオイル分のため。 ユーカリが生い茂る森林を挟むようにして約1000メートルの...

ハンターバレー  Hunter Valley Wine Tour1782view

オーストラリアのワイン生産地と言えば、南オーストラリア州のバロッサバレーやビクトリア州のヤラバレーが有名ですが、 意外と高級ビンテージと言うとこのハンターバレーが世界的に通用しています。その中でも有名なリンデマンワイナリーを訪れます。 ワイナリーでは、ワインアプリシエイションコースに参加でき、ワインの製造過程や知識を深められます。コース終了後には記念の修了証がもらえます。 その他ランチタイムには、セ...

ノースヘッド岬  North Head1045view

マンリー中心部から南、ノースヘッド岬の大部分はシドニー・ハーバー国立公園になっている。 その先端がマンリールックアウトで、目の前に断崖絶壁の広がる絶景ポイント。 断崖に砕ける白い波も迫力そのもの。 クジラが回遊してくるシーズンには、ここからクジラのパフォーマンスが見えることも。 ルックアウトまでは公園内に遊歩道が敷かれています。

ミセス・マックォーリーズ・ポイント  Mrs Mcquaries Point1028view

19世紀初め、当時のマックォーリー総督婦人が祖国イギリスを偲んで座っていたお気に入りの場所だったことで知られるポイント。  現在ではハーバーブリッジをバックにオペラハウスも見ることが出来、シドニーの2つのシンボルを最も美しく写真に収める事のできるポイントとして有名です。

ブルーマウンテン ボードウォーク(遊歩道)  Scenic Walkway877view

シーニックレイルウェイの下部乗降口とシーニックケーブルウェイの下部乗降口は390メートルのボードウォークで繋がっています。 このボードウォークでは涼しい森林の中を通っていて、途中古い炭鉱の入り口があります。 炭鉱夫と石炭を運ぶ馬の実物大ブロンズ像が建てられており、炭鉱の様子を映す10分間の映像と共に、当時の様子を垣間見ることが出来ます。 シーニックケーブルウェイの下部乗り場奥にも700メートルに渡ってボード...